不動産登記簿を正しく調べる取得方法とは

不動産登記簿を調べる機会がこれまでにあった人もいるかもしれません。

慣れていない人が検索をしようと探すと混乱することがあります。

不動産登記簿は番号が二つあって混乱する

慣れていない人が不動産登記を調べて混乱することがあります。それは住居表示番号、地番が違っているということに対して戸惑うことがあるのです。

登記簿の検索をしても住居表示番号を入力しても出てこないことがあります。検索をするときは住居表示番号ではなくて地番を入力して探さなくてはいけないのですが、それを知らずに、どちらも同じ番号だと思っている人が多いのです。その結果住居表示番号で調べようとしてしまってわからなくなるというケースが多いでしょう。

不動産登記簿を基に地番で探す

地番で探すことができれば土地や建物の特定は可能です。例えばその建物や土地が自分が持っているものであるなら権利証があるはずなので、その権利証を探してください。

もし家に権利証がない、すぐに出すことができないというのであれば、毎年送られてくる固定資産税課税証明書、納税通知書を使っても同じ情報を入手することは可能です。こうした書類に記載が必ず有り、土地や建物の地番は記載があるはずなのです。記載されなければいけないことになっているのです。

不動産登記簿から閲覧後他人の土地だったとわかった場合

検索や調べたいと思っている土地、建物がほかの人のものだった場合は、法務局のお世話になる必要があります。法務局備え付けの住居表示実施に伴い新旧対照表を見れば番号がすぐに調べられます。

法務局の中には住宅地図と住居表示番号、そして地番の全てが書かれているブルーマップと言われる地図が用意されていることもあります。これさえあれば、番号が曖昧であってもすぐにチェック可能ですので、探したい不動産を見つけることが出来るでしょう。

どちらの場合においても慣れていなければとても面倒なことですし、間違ったりすることもあるかもしれません。本当に分からない場合は、問い合わせをすると確実です。素人があれこれ探してもわからないときは専門家に問い合わせることが一番でしょう。

番号が混乱して見つけたい不動産や土地がわからないことはよくあることですので、違う番号が存在していることを知り、専門家に質問してみるとよくわかるでしょう。