不動産登記簿の所有権を認識しておく

不動産登記簿は具体的にはどのような効力を持っているのでしょうか。

自分が不動産の登記をしていることの意味についてここでは見ていきましょう。

不動産登記簿を早く登記した人が優先的な権利を持っている

自分が所有している土地や建物に関しての権利を登記することでどのような効力が得られるのか、それは第三者に対する権利を有しているのだと主張可能になることです。

売主から例えば不動産を買ったとして、不動産の所有権が自分に移りました。ですが、所有権移転の登記はまだです。自分に登記がされていない時に、前の売主はその不動産を別の人に売却します。

これは二重売却という状態なのですが、その後で購入した人がすぐに所有権移転の登記をしたとしましょう。

契約を成立させたのは自分で、先に所有権を持ったのは自分ですが、所有権移転登記は出してないので、実は後から購入した人が既に所有権移転の登記をしてしまっているので所有権が移ってしまっているのです。しかしきっと自分が先に購入したのだとあなたも言い張りますので、トラブルになります。

ここで後から購入した人は、自分がその不動産の権利を有しているのだと主張することが、登記していれば可能となるという流れです。陶器をしているのだということを、主張されれば、いくら契約が早かったとしてももうどうすることもできなのです。第三者に対して自分が所有しているのだという権利を主張することが可能だという効力を持っているのです。

不動産登記簿における権利の推定力について

登記簿に書かれている権利の関係は正しいものなのだと推定することができます。

これが権利の推定力です。推定されるということは、内容と違った事実を主張した人が居るのなら、そうではないことの証明をする必要があります。

しかしあくまで推定ということなので、偽造で登記して完了後正しい権利者は抹消請求すれば推定は覆ります。不動産売買にとって、登記簿があることによって様々なトラブルを未然に防ぐことにもなっていますので、権利を守るためにも重要な働きをしていることは事実と言えるでしょう。

どのような効力があるのか、意外と知らない人の方が多いですが、登記があることによって起きなくて良いトラブルはたくさんあるのです。トラブルを未然に防ぎます。