不動産登記簿の公図は法務局で閲覧できる

不動産登記簿に記載の情報は様々なことが記載されています。

文字だけの情報が基本ですが見たことがあるでしょうか。

記載内容は見たことがある人ならわかりますが、文字だけです。ですがその土地や不動産が本当にどのようなところに、どのような位置にあるのかどうかを調べたいと思ったら、地図で見た情報は必要ではないでしょうか。

ある地番にある土地や不動産が実際はどこにあるのか、調べたいと思ったら方位やそれぞれの位置関係、形などを示している地番が書かれた図面が用意されることが大半です。どこで用意されるかといえば法務局です。

不動産登記簿は法務局で閲覧することが可能

法務局には備え付けで公図、14条地図が用意されているのですが、この二種類は公図と二つを合わせて呼ぶこともあります。二種類の図があるのですが、二つを含んで公図と読んでいるのです。

不動産登記における法律では正しい図面が常に用意されていることが決められています。そのきていを決めた条文が14条だったことから14条地図などと呼ばれるようになったとのことです。

実は法律の改正があったために、以前は17条に記載されていたために17条地図というような呼び方をしていたこともあったようですが、どちらにしても同じものだと認識していいでしょう。

14条地図の多くはいま日本全国で実施されている土地測定の図面として調査されたものです。それぞれの土地ごとに、所有者に立ち会ってもらった上で地番、地目をチェックして境界なども確認した上で測量しているとのことです。

国土調査で情報を集めて調査した上で得られている図は地籍図という名前がつけられています。

これは実際に調査した上で作られているという特徴上、とても正確に作ってあることが特徴です。

しかしこれは実際のところでは、14条地図という扱いで扱われているのです。しかし14条地図として使用するためには、実は一定の要件があり、これをクリアしていなければいけないと言われているのでそれがクリアされているかどうかが重要とのことです。

公図について種類があることも、どのような仕組みになっているのかも知らない人は多いかと思いますが、それほど複雑なものでもありません。仕組みを知ればわかりやすいと思えるでしょう。