不動産登記簿で可能な権利書・権利者について

不動産登記簿というのは自分の不動産の権利を記録しているものです。

不動産の権利を表しているとは言いますがどのような権利なのでしょうか。

不動産登記簿の所有権は所有権の権利だけではない

不動産に関して言えば権利の中で一番明確なことは所有権です。不動産を購入する際、売主とは売買契約をかわし不動産の所有権を手に入れます。その後所有権が移転したことを証明することが不動産の登記簿への記録となります。これは俗に言うところの所有権移転登記と言われているものとなります。不動産の登記というとこの所有権の権利だけなのかと思っている人も多いのですが、実際はこれだけではないのです。

不動産登記簿の抵当権は住宅ローンを借りる人が大半

土地や建物を購入する際キャッシュで全額支払える人はあまりいないでしょう。銀行で住宅ローンを借りる人が大半です。銀行は資金を貸す代わりに返済修了までは、土地や建物に抵当権をつけます。この抵当権に関しても登記することとなるのです。それ以外にも、登記の権利は色々とあります。

不動産登記簿の用益権は使用収益する

用益権、この言葉はあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、他人の不動産を使用収益する際の権利です。この中にもまだ種類があり、地上権、地役権、永小作権、賃借権、採石権といったように分かれています。一つ一つ紹介することはできませんが、例えば地上権については、ほかの人の土地を建物に建て替える、竹林を所有することができる権利ということになります。その他大きく言えば担保権もあります。担保権は不動産を担保としてお金を借りた場合にその不動産に設定される権利のことをいい、抵当権はここに入ります。先取特権、質権などの種類があります。

不動産登記簿の権利を理解しておくこと

このようにそれぞれどのような権利があり、そしてどの権利が登記簿に登録をすることができるのかということは、あらかじめ理解しておいたほうがいいでしょう。理解しておくことで不動産取得後にどの権利を登記すればいいのかということが明確になるでしょう。権利がこれほどたくさんあるとは知らない人も多く、また、登記できることを知らない人も多いでしょう。

不動産売買ではその不動産の権利やどのようなことがあるのかということはとても大切になってきますので、権利についてはよく理解しておく必要があるでしょう。