不動産登記簿から土地建物を調査する

不動産登記簿を利用して探したい土地、知りたい土地の調査をすることは可能です。

その際は最初に地番を使った検索が実施されます。

不動産登記簿の地番は必要不可欠

地番、これは聞いたことがあるという人はほとんどいないかもしれません。登記簿の一番上を見てみると分かるのですが、一番上にある土地についている番号のことを地番といいます。

この番号があるから土地が特定可能なのであって、この番号がなければ土地を特定することは難しいでしょう。ですから土地を特定するためには必要不可欠な番号といってもいいかもしれません。

不動産登記簿には何が記載されているの?

地番に記載されているのは住居表示が行われている場所には、日常、普段使用している住所と違っているものが記載されています。住居表示番号という、普段使用される番号が別に存在しているのですが、それとは違った番号が記載されているのです。

住居表示番号は調べたいと思っている土地や建物があっても、調べることができません。登記をここで一般の人が利用したり活用したりしようと思ってわからなくなるのは、このように二つ番号が存在しているからかもしれません。

不動産登記簿などには番号が二つあることを理解する

住居表示番号、地番が別物であることを理解しておかないと混合してしまうとわけがわからなくなってしまうかもしれませんので注意しましょう。地番という名前がつけられたのは、明治時代にさかのぼります。地租改正が行われたおりに、公図が作られたのですが、この公図の中で土地をはっきりさせるために作られました。

1筆ごとの土地において順番に番号をつけたものですから、公図を作った当時は地番は番号の順番だったのです。その後1筆の土地にあって地番がついていた大きな免責の場所は宅地造成となったために100区画といった大量に分けられたこともあり、番号が順番通りではなくなったと言われています。

また抜けている番号などもあるとのことです。合筆といってまとめて書かれているケースもあったとのことでその辺は曖昧だったようです。

地番については一般の人が詳しく知る必要は特にないかもしれませんが、住居表示番号とは別物の番号なのだということは理解しておかないと混乱してしまうでしょう。別に番号があることを理解しておきましょう。